FC2ブログ
 ベジタリアンの皆様へお願い。可哀想だから食べないと決めた優しい皆様
2013年01月09日 (水) | 編集 |





牛・豚・鶏・馬・ウサギを、寿命まで完全自然放牧飼育します。(種オス以外のオスの去勢手術は除く)
高価にはなりますが、およそ20年先の消費者になってくださいますよう、ご周知の程を宜しくお願い致します。

動物各々の本来の姿で寿命まで幸せに健康に生きたのちの、
・牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉
・牛革
・ラビットファー
またその寿命までの生命活動中に人間にも分け与えられる恵み
・牛乳
・卵
これらは高級品ではなく「幸級品」であって欲しいのです。


牛乳・卵につきましては、支度が調い準備が整い次第
ご提供させていだく予定です。

食用肉、皮からの革製品につきましては、
許可申請、死亡後の食用可能な解体技術など
課題は数知れないのですが必ず挑戦します。


生きているキツネやウサギが苦しみ痛がり叫びながら剥がされるような毛皮については断固反対で、
寿命死亡後の「幸級毛皮」のみの世界にします。

しかし、従来の飼育形態で心から動物を我が子同様に可愛がり、休み無く頑張ってみえる農家さんもいらっしゃいます。
「幸級品」を通して、農家さんも、産業動物も幸せにしたいのです。


苦しみ、悲しみ、憎しみという感情を経験する事が、人間にとっても他の動物たちにとっても意味の有る事なら、
殺されようがどんなに短かろうが、「生」の数が多い方が「何か」には価値が有るのかもしれません。

しかし、私達一部の人でも殺して食べるなんてかわいそうと思うようになったのも進化です。
この進化にも意味があると感じませんか。
世界中を愛し、宇宙を感謝出来るようになったのが人間です。

綺麗事の世界でいいのだと思います。
綺麗事を綺麗だと思うのだから、この綺麗事の世界を実現出来るよう努めて参ります。







スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック