FC2ブログ
 山、土地 貸してください
2014年08月04日 (月) | 編集 |
a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZTIXG+B8UTOI+50+2HBNW1" target="_blank">




動物を殺さずに肉や乳製品を食べられる牧場を作ります。
山、土地、お金、余っている方、貸してください。
<





まだ生きているでしょう。

喉は渇いてないかな。

トラックに揺られ車酔いして気持ち悪くないかな。

怖くて息が荒くなっていないかな。

私はこの子達を救うこと、何もやれなかったので、悲しいも悔しいも、何も言う権利は有りません。


ゆうた3才

キズナ11か月

天々11か月

与太郎10か月

清三太7か月

はる6か月


今日、朝のうちに殺されると思います。

少しでも苦しくありませんように、少しでもいたくありませんように、少しでも悲しくありませんように、

ごめんなさい。



八潮3か月は、まだ乳飲み子で、草も噛む真似をやっとしだして間もない子です。
まだ草を食べて牛として生きていないと思うからかわうそうだと言って、社長に頼み今回のと畜は見逃してもらいました。

グラ7才は、4月に赤ちゃんが産まれます。

お乳に細菌がいて、治療しても治らず、乾乳期治療というのをしようとしていたのですが、治るかどうか分からないのに、それまでの餌代や人件費がかかるということで淘汰の対象になりました。

しかし、わたしの牧場じゃない、というのも、社長だって、どこの農家さんだって、苦しみながら牛たちの出荷をしているのもわかります。

でもやっぱり出荷の朝、起きて、やはり無理でした。

グラを出荷出来る程度の気持ちなら、私の目指している牧場や世界を私には作れる力はないと思った。資格もないと思った。

グラは私が引き取りました。

社長、運送やさん、牛の引き取り手の方、有り難うございます。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック