FC2ブログ
 SEKAI NO OWARI
2014年08月09日 (土) | 編集 |





命の並んだ午前零時のスーパーマーケット
これから食べる命を選ぶんだ
TVで放送されている爆弾が降る民族紛争は
音声も映像も調整された戦争
機械仕掛けの僕らの真実はいつか
貴方の心を壊してしまうだろう
僕達がみている世界は加工、調整、再現、処理された世界
だから貴方が見ているその世界だけが全てではないと皆だってそう思わないかい
命を閉じ込めた灼熱の動物ランド
僕らはそこでホッキョクグマと出逢えるんだ
僕はコンピューターで無限の宇宙を見て
もう全てを知っていると錯覚するんだ
生きて行く事があまりにも便利になったから
生きているという実感が無くなっている
僕の知っている現実がどうか嘘でありますようにと
神様の形の人形に祈るんだ

SEKAI NO OWARI(世界NO WAR戦争しない)の、深瀬慧さんが書かれた心の叫びです。

はっとしました。
同じ考えの人が居て、若くて、問題意識にして、こんなにも世界に訴える力を持っていて。






牛・豚・鶏・馬・ウサギ…私は殺す事が出来ないので、寿命を待って、お肉を食べる牧場を作ります。
牛乳、卵、毛皮ファーの生産に関わって、かわいそうに生後6か月も経たない子供達がどんどん殺されています。
生まれた動物に命を全うしてもらい、人も恩恵を受けられる方法を見つけ、初めて試みようとしています。
まず、牛から始めます。
100ヘクタール(300,000坪)の山が必要です。
土地を無償で貸してくださる方を探しています。
私の代でお返しする事は出来ないと思います。
精一杯のお礼は生涯かけてさせていただきます。
みなさんどうかご協力をお願いします。

牛を放しながら山の適切な伐採をし、山は荒れることなく管理されます。
牛は、乳を搾り、乳製品を作ります。
寿命まで生きたら、お肉になります。
子牛はオスも殺しません。
メスは一生に2度か3度だけ出産してもらいます。
牛の食料は、山の草や、木の葉だけです。
この牧場から出来る乳製品やお肉は、真の自然の恵みと言えるものだと思います。
無農薬、無肥料です。
食べてみたい、飲んでみたいと思いますか?

牛、人は幸せに生きれます。
世界中に山は沢山あります。この方法は広がると思います。
このやり方で経営出来る牧場の在り方が世界に広がるまで、私の生活はアルバイトでも何でもしながらやっていきます。





人はもっと質素になる必要を迫られています。

世界の森林はかつての3分の1になりました。

ただし日本の森林は国土の7割を占めています。

その森林の4割は人工林で、育ち切った状態です。

森を守るというのは、切らないで放置することと、

適度に伐採し、森を循環させる2つです。

人間が生きて行くなら、この森を有効に利用することです。

殺される動物がいるなら、この森に放して、自由に生きてもらい、その恵みをいただくべきです。

動物愛護ではありません。

動物と共に生きて行くのです。

人にお金が必要なら、産業動物と呼んでも構(かま)いません。

物心ついたちっちゃな子供達から、おじいさんおばあさんまで、皆さんに知っていてもらいたいです。

動物を食べるという仕組みを変えられます。

生後間もない牛や豚を殺すのではなく、寿命まで生きたお肉を食べられるのです。

貴方の生きているこの世界が変わろうとしています。

どうか皆さん、ご協力をお願いします。

安い土地、山、無償で貸してくださる土地、山、町や村が一緒に協力してくださるという場所、土地・山を買うお金をくださる方、個人の方、会社で応援してくださる可能性。

毎日情報をお待ちしています。

よろしくお願いします。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック